A-net

NEWS

2021/11/24EVENT
Motohiro Tomii tac:tac 共同企画「線を重ねる」展

tactac
 
tac:tacの服、パターン、線を提供。
そして、彫刻作品へ。

Motohiro Tomii tac:tac 共同企画「線を重ねる」展

2021年11月20日(土)よりYumiko Chiba Associates viewing room shinjukuにて、冨井大裕の個展「線を重ねる」を開催致します。

美術家・冨井大裕の新作個展を開催いたします。冨井は、主に既製品や日用品に最小限の手を加えた明解な構成手法からなる作品を通じて、彫刻の新たな可能性を探ってきました。

今回は、2018 年に void +で発表した、ファッションブランド「tac:tac」のデザイナーが引いた服のパターン、型紙を元に作られた彫刻作品をさらに展開したものになります。

冨井は、今回の新作で、既製品などの物体を用いるのではなく、あくまで他者が引いたパターンに「線を重ねる」ことによって彫刻を展開します。

それは、二次元の平面上に展開されるパターンと呼ばれる「線」を引くことから服という三次元の立体を立ち上げていく衣服のデザインと、彫刻という立体が重なり合う(あるいは重ならない)地点を考えることであると同時に、「線を引くこと」を通じて、二次元の絵画と三次元の彫刻との関係を問い直すものであると言えるかもしれません。

同時に、衣服と彫刻との交差は、両者が共通して、人体に強く拘束された表現であることも示唆しています。結果として、冨井の彫刻の「線を重ねる」行為は、衣服、彫刻、絵画、あるいは平面と立体とのあいだに、文字通り線を重ね、引き直す試みになると言えるでしょう。

冨井大裕の新作個展を、ぜひご覧ください。


会期:2021年11月20日(土)- 2022年1月15日(土)
(2021年12月26日(日) - 2022年1月10日(月)の期間、展覧会は開催しておりません。)

会場:Yumiko Chiba Associates viewing room shinjuku
東京都新宿区西新宿 4-32-6 パークグレース新宿#206 [MAP]
営業時間: 12:00-18:00
定休日: 日、月、祝日

協力:tac:tac
オープニングレセプションは開催致しません。


トークイベント:「彫刻と服は重なるか」*事前申込制

登壇者:冨井大裕×島瀬敬章(tac:tac デザイナー)×島村幸大太(tac:tac パタンナー)×林卓行(美術批評および現代芸術論)

日時:2021年12月3日(金)18:30-20:00 (受付開始 18:15)
会場:MORETHAN BANQUET / THE KNOT TOKYO Shinjuku 2F
東京都新宿区西新宿 4-31-1 [MAP]

服を作るために発生したパターンの線から、どのような「彫刻」が生まれるのか是非その目でご覧になってみて下さい。
初日に行うトークには、富井大裕氏、美術批評家の林卓行氏と共に、tac:tacからデザイナー島瀬、パタンナー島村も参加致します。是非、この機会にお越し下さい。


【トークイベント詳細】
日時:2021年12月3日(金)18:30-20:00(受付開始 18:15)
会場:MORETHAN BANQUET / THE KNOT TOKYO Shinjuku 2F
定員:40名
参加費:500円(ドリンク付き *ミネラルウォーター)

【お申し込み方法】
件名に「トークイベント参加」、本文に「お名前」「参加人数」「電話番号」をご明記のうえ、
event@ycassociates.co.jp までメールでお申し込みください。

*定員(40名)になり次第、受付を終了いたします。
*ギャラリーから返信メールが届かない場合、営業時間内にお問合せください。

• 富井 大裕 Motohiro Tomii
http://tomiimotohiro.com/
• 林 卓行 Hayashi Takayuki
美術批評および現在芸術論。東京芸術大学美術学部芸術学科准教授